下取り 買取り

下取りと買取り、どう違うの?

下取り,買取り

 

自分が今まで乗ってきた愛車を新しい車へ乗り継ぐというときに、これまでは自動車販売業者に頼んで愛車を下取りしてもらうことが多かったかもしれません。

 

そして、その下取りで得たお金を新しい車を買うための資金の一部にするということが行われてきたでしょう。

 

下取りの価格は、買取り価格よりも低いことが一般的にいわれています。

 

それは、下取りする自動車販売会社のほうは中古車の市場や流通などにあまり詳しくないので、買ってくれる相手を探すにも経費がかかってしまい、その分を下取り価格から差し引かなければならないためです。

 

ただ、自動車販売業者は、新車を売りたいという気持ちのほうが強いため、新車の価格の一部を下取りの価格から引いて、新車の購入では得したように見せたりもします。
新車の値段を値引いてくれたと喜んでも、実は、下取り価格を抑えてあるということがあるわけです。

 

一方、買取り業者は市場や流通の専門家であるため、経費をあまりかけずに買ってくれる相手を探し出すことができます。
また、買取り専門業者は、中古車を長く手元に留めておかないということもあります。長く留めておくと、それなりに経費がかかってしまうためです。
駐車場を所有していないのもそのためです。

 

これに対し、自動車販売業者は、駐車場に展示しておきじっくり販売するといった方法をとります。
そのため、買取りのデメリットとして、新しい車が納車される前に今まで乗ってきた車を手離さなければならなくなるといったこともでてきてしまいます。
買取り業者は、駐車場を所有していないので、契約すればすぐに売却しなければならないという業者特有の事情もあり、こういったことが査定額へも反映してきます。

 

 

>>車一括査定サイトのご紹介


下取りと買取りの違いから知る車査定関連ページ

査定の仕組みから知る車査定
車査定はどのように進んで取引が成立するのでしょうか。
専門家の仕事から分かる車査定の目安
中古車買取業者の仕事にズームインしてみました。
自動車一括査定の代表サイト
代表的な車買取サイトについてご紹介しています。
走行距離について
車査定において走行距離はどのくらい査定額に影響してくるのでしょうか。
中古車市場の変遷について
インターネットが普及したことから中古車市場は大きく変わってきました。