中古車査定基準

中古車査定基準ってなに?

中古車査定基準

 

自分が今まで乗ってきた愛車を売りに出すときは、まずその車の傷み具合などが調べられて、現在の中古車市場の状況から見た査定額というものが提示されます。

 

この査定額は、業者それぞれ違いがあるものですが、ある程度の納得できる価格が共有できるよう中古車査定基準というものが設けられています。

 

この中古車査定基準は、財団法人・日本自動車査定協会によって設けられています。査定基準価格は、国産車と輸入車に分けて毎月更新されています。
中古車査定基準価格は、中古車の小売りや流通についての相場が参考とされているため、つねに適正価格を目指すものです。

 

つまり、いろいろな思惑によって左右されるのではなく、市場動向に密着した信頼のおける価格ということができるわけです。

 

査定基準価格が適用される中古車の状態は、いくつかの条件を備えていなければなりません。

 

まず、車のボディや車内にキズや汚れがないということです。そして、エンジンについては走行に関して問題がない状態でなければなりません。

 

そして、車検の期間についても規定があり、残りが3カ月以内となっています。
さらには、走行距離数についても、年間1万キロという数字が提示されていて、これを標準として、それ以内という条件が加わります。
ほかにも、タイヤの溝がスリップライン以上であり、事故修復歴や改造などもないことが条件になっています。
実際に、業者が査定額を提示するときは、この査定基準価格からコストやそれぞれの利益を引いた金額が基本価格とされていきます。
そして、設定された条件をクリアできていないとマイナス評価となっていくわけです。
また、希少な装備などがついているときなど、プラス評価となっていく場合もあります。

 

 

>>車査定の目安


中古車査定基準とは関連ページ

専門家の目について
中古車査定の専門家、自動車査定士が見る査定のポイントとは何でしょうか。
車査定のポイントとは
実際に自動車査定士が査定を行うときには基準に沿ったチェックシートを使用しています。
自動車一括査定サイトについて
自分の車の相場を知りたい時にオススメなのが、自動車一括査定サイトです。
車の売却時期について
高値で車を売るにはいつの時期が良いのでしょうか。