自動車査定士

自動車査定士の見ているポイントはココ!

自動車査定士

 

中古車の査定を専門とする人は、自動車査定士と呼ばれています。

 

中古車査定士は、財団法人・中古車査定協会が実施する技能検定試験に合格し、中古車査定協会に登録しています。

 

中古車査定士は、ユーザーが愛車を売り出すときに、中古自動車査定制度に基づいて、中古車の査定を行います。

 

自動車査定士が中古車を査定するときは、一般の人ならば見過ごしてしまうようなところまで目を配ります。
ボディについたキズやへこみ、ひと目でわかる走行距離などとは別に、車の事故歴や修復カ所など、外見だけではわからないところまで厳しい目で見るのです。

 

だから、もし見逃してもらえるならばラッキーだから黙っておこうなどと考えないようにしましょう。
査定依頼時にきちんと申告しておいたほうが自動車査定士の心証もよくなり、その後の査定についても有利に働きます。

 

自動車査定士は、車の外観ばかりでなく、内部のエンジンについてもしっかり確認します。
エンジンルームを詳細に調べることで、どのような運転がされてきたかを判断し、また事故歴などについても見つけてしまうのです。
そのため、もともと事故歴があればポイントが下がるのは仕方ないことと捉えるようにしたほうがいいかもしれません。
むしろ、事故後にきちんと処理がしてあれば、そこでポイントを上げることができると考えたほうがいいのです。

 

また、自動車査定士の心証を良くするという点では、査定前に車内の臭いなどをなくしておくことも大切です。
タバコやペットの臭いが残っているだけで、自動車を大切に扱っていないといった判断が下されてしまい、査定に影響も与えてしまうのです。

 

>>車査定のポイント

 

 


専門家の目について関連ページ

中古車査定基準とは
車査定の目安の第一は「中古車査定基準」です。中古車査定基準について学びましょう。
車査定のポイントとは
実際に自動車査定士が査定を行うときには基準に沿ったチェックシートを使用しています。
自動車一括査定サイトについて
自分の車の相場を知りたい時にオススメなのが、自動車一括査定サイトです。
車の売却時期について
高値で車を売るにはいつの時期が良いのでしょうか。