車ローン 売却

車ローンが残っている場合

車ローン,売却

 

 

車を売却しようとするとき、その車をローンで購入した際には、まだローンをすべて払い終えていないといったケースも出てくるでしょう。

 

このような場合でも、車の売却自体は可能です。しかし、その手順において、かなり面倒なことがついてきます。

 

 

まず、ローンを完済したり組み換えが必要になります。
それに、車の名義を変更することも必要になってくるのです。

 

ローンで購入した車は、その所有者というのがローン会社や車の販売店の名義となっていて、すぐに売却ができないということがあります。
ローンの残りがあると、あまり高く売却することはできないかもしれないという気持ちを抱くかもしれませんが、こんな場合にいちばんよい方法が、一括査定サイトを利用して、高額で査定してくれる買取り業者を探すことなのです。

 

うまくすると、高く売却してローンの返済に充て、しかも次の車の購入資金に充てることもできるのです。
もちろん、売却金額がローンの残りよりも低い金額であれば、不足金額を現金で支払いこともできます。

 

また、ローンの残りと売却金額との差額が大きく、現金も用意できないような場合は、その差額の部分を次の車を買うときに、その車のローンに上乗せするといった方法をとることもできるのです。
つまり、通常よりも高いカーローンを支払うということです。

 

ただし、ローンの上乗せについては、上限を設けている自動車販売店などもあるので、事前に確認するのを怠ってはいけません。

 

 

>>車ローンが残っていても大丈夫!


ローンが残っている車について関連ページ

中古車のクラス分けとは
車査定の方法の1つに、中古車査定基準による車種のクラス分けがあります。
買取り専門業者の台頭について
インターネットが普及することで車買取業界もずいぶんと変わりました。
車査定の目安と買取り相場
車査定の買取り相場は中古車市場での需要が1つの目安になっています。