車査定 車検

車検期間はそれほど影響はありません

車査定,車検

 

 

車を売りに出すとき、多くの人は車検を通したばかりの車だと車検切れ目前の車よりは高い価格で査定してもらえるだろうと考えるでしょう。

 

しかし、査定の際の車検については、残りが少ないとか、車検を通ったばかりといったことはあまり関係のないことといえます。

 

 

じつは、車検に関しては、買取り業者はあまり費用をかけないノウハウを持っているため、売る側としても、ほとんど無視していてもよいのです。

 

つまりは、車検がどれくらい残っているかということについては、査定での評価の対象とはなっていないということです。

 

評価の対象となっていないことについて余分な費用をかける必要はありません。
買取り業者と一般の人の意識との間には大きな違いがあるので、この点は知っていて損はないでしょう。

 

買取り業者は、車検についてそれほど関心を抱いてはいませんが、車検が切れかけている車については、その状態について多少気にかけています。
つまり、車検が切れる前に手離そうと、それまでエンジントラブルなどが多いために放置されていたのではないかと考えられるためです。
いくら車検を通す費用があまりかからないといっても、買取り業者はそのような車を高く査定はしません。

 

そこで、車検が切れる目前の車については、普段の手入れを怠っていないといったことをアピールする必要があります。
それが査定の際の武器にもなるからです。
その方法としていちばんよい方法が、普段から記録していた整備手帳などを提示することです。

 

 

>>車の売却を考えているアナタへ


車査定と車検の関係とは関連ページ

車査定の際に知っておくべき条件とは
車査定で有利・不利になる条件とはどのようなものでしょうか。
車査定の際に必要な書類について
査定に必要な車の書類についてみてみましょう。
車査定の手順について
車査定の流れについてご説明しています。
中古車一括査定サイトのメリット
中古車の一括査定を行うことでより高値で車を売ることが可能になりました。